地域

大浜・石川三碧コレクション伝来の中世絵巻

[碧南市指定文化財]てこくま物語

「てこくま」とは、九州山鹿庄の姫の身代わりとして、忠臣が差し出した自分の娘の名です。この絵巻は、縦30センチ、横1052センチを数えますが、これでも『山鹿物語』とでも題すべき一つの物語の下巻にあたります...

続きはこちらから