歴史

浄土真宗の土壌が生み出した先達④

雲英晃耀・占部観順

幕末から明治にかけて、現在の西尾市域に二人の著名な仏教学者が出た。雲英晃耀(1831~1910・一色安休寺)と占部観順(1824~1910・西尾唯法寺)である。開国と維新・大浜騒動などの激動期を歩み、多数の門弟育成も...

続きはこちらから