風情ある和空間で優雅なランチ。


由緒あるお屋敷で、見事な庭園を望みながら、料理を味わう。

カウンターで、店主の石川啓三さん(左)と長男泰成さん。


 このお屋敷は昔、佐藤栄作元総理など要人の接待にも使われたという。中日本鋳工(株)創始者・鈴木熊次郎氏の邸宅だった。宮大工が丹精を込めた、自然木の欄間、凛とした床の間、開け閉めできる雪見障子。風情ある庭園を眺めながら、この和空間で心づくしの料理を味わう。
 同店は、この8月に寄住町から新規移転、このお屋敷にオープンした。職人気質の料理人・店主石川啓三さんに、長男泰成さんが加わった。泰成さんは、四日市ほかでも和食を学び、腕を磨いてきた。店主の下で修業した次男宏司さんも一緒に、3人が力を出し合う。
 予約優先のランチは「見て楽しく、食べておいしいをきめ細やかに」を理念に細部までこだわり抜いた料理となっている。(20食限定)
 夜の会席は5000円から。新鮮な旬素材の持ち味を活かし、季節感に満ちた料理を演出する。
 食材から調理方法、空間から接客まで、お客様をおもてなし致します。


旬彩 石川

所在地
西尾市桜木町4-34 Google Map
電話番号
0563‐57‐0998
定休日
水曜定休
営業時間
11:30〜14:00
17:30〜21:00
要予約
みかわこまち編集部
written by

みかわこまち編集部

みかわこまち編集部です。情報誌みどりの記事を元にお届けします。